公演情報

活弁のご紹介

映画がまだ活動写真と呼ばれていた頃、日本各地のスクリーンの脇で、映画の説明をする活動写真弁士「活弁士」がおりました。
日本独自の話芸「活弁」を、21世紀に蘇る新しい舞台芸として、無声映画の名作とともに、麻生八咫・子八咫がお届けします。

What’s 活弁

katsuben_intro

無声映画全盛期、日本独自の「語り」を映画につける話芸、「活弁」が花開いた

詳しくはこちら

活弁士 麻生八咫

yata_intro

活弁界初の文部大臣賞受賞。円熟の話芸が、古のサイレント映画に生命を吹き込む

詳しくはこちら

活弁士 麻生子八咫

koyata_intro_face

若干10歳で活弁士デビュー。「KATSUBEN」を世界に広げるべく活躍中。

詳しくはこちら